【レビュー】auで契約中のHWD15のメリット・デメリット

今回はauで契約中のHWD15についてレビューをしていきます。

大手通信キャリアのauですが、通信がとても早いので、大容量データもスムーズにダウンロードが可能です。

そこで実際に使ってみて感じた、メリットとデメリットを解説していきます。

 

使っている端末(機種)

HWD15

スクリーンショット 2015-11-02 20.23.38

スクリーンショット 2015-11-02 20.23.47

 

使っているキャリア

au

ポケットWiFiの使い方

自宅や外出先で動画を見たり、ゲームのダウンロードや更新をして使っている。

友人にも貸したりして一緒に使ったりしている

充電の持ち具合

常に使用していると8時間ぐらいで電池がなくなります。

使わないとき電源を切らないと電池の消耗が早いです。

使ってみてよかったこと(メリット)

容量を気にしなく使用できるのでいつでも動画を見ることが出来、携帯の容量がなくなれば、持ち歩いてでも使えるのでとても便利です。

電池の持ちもなかなか良いので電池を気にせず使え、またいつでも使えるので安心して使えます。

使ってみて悪かったこと(デメリット)

料金が少々高いところです。もっと安くすれば顧客は増えるかと思います。

あと、接続中に携帯との回線が切れることが度々あるので、気にして使わないと携帯の使える容量が減り

WiMAXを持っていくのを忘れた場合、携帯の通信速度が遅く、ストレスが溜まります。

契約の決め手になったこと

バッテリー時間

月々お支払いの料金

4281円で契約しました。

まとめ

容量を気にせず使用でき、充電の持ちもいいので、携帯が速度制限になった時に便利に使えます。

また、アプリの更新にかかるデータ容量と通信時間も早いので、イライラせず使えるのでおすすめです。

管理人イチオシのポケットWiFi・WiMAX

こんな悩みはありませんか?

  • WiFi・WiMAXのどれを選べば良いのかわからない
  • 一番コスパが良いのを選びたい
  • 地方でも使えるポケットWiFiが欲しい
  • 工事不要なWiFiを選びたい
  • 通信制限のないポケットWiFiが欲しい
  • 端末代金をかけたくない
  • PCスマホ両方で使えるポケットWiFiが欲しい
  • 有線で繋げるWiFiにしてPS4などに繋ぎたい

上記に一つでも当てはまるようでしたら「GMOとくとくBB」のWiFiを使うに限ります。

GMOのWiMAXなら圧倒的なコストパフォーマンスの高いWiFiを使う事が可能です。

  • 上場企業のGMOが提供
  • 大手企業だから高速通信可能なWiMAXを安価で提供
  • 端末代金約2万円が無料!
  • GMOの通常WiMAX通信なら無制限で通信が可能
  • 月額3,609円〜通信制限なしのプランを利用可能

一番コストパフォーマンスの高い「GMOとくとくBB」で全て解決します。

【公式サイト】GMOとくとくBB

コスパの良い『GMOとくとくBB』の3つの特徴

GMOとくとくBB


無線WiFi/WiMAXの中で圧倒的にコスパが良い

無線WiFi・WiMAXの中で格安かつ高品質なのが「GMOとくとくBB」のWiMAXです。

まずはじめにキャッシュバックが27,000円を確実にGETすることができる事。WiMAXの業界最大級のGMOだからできるキャッシュバックプラン。大手のキャッシュバックが10,000円程度の中、3倍近い27,000円のキャッシュバックを行っています。

次に端末代金約20,000円が無料な事。通常端末を購入すると安くても18,000円。高いと30,000円のWiMAX専用端末を購入しなければなりません。

しかしGMOはこの端末料金を無料でプレゼントしてくれるため、端末代が一切かかりません。

通信制限がない

GMOとくとくBBのWiMAXは通信制限がありません。

PCでYouTubeで動画をたくさん見たとしても、スマホでソーシャルゲームをたくさんプレイしても通信制限が一切かからないのが特徴です。

WiMAX2+という超高速プランの場合は7GBの通信制限があります。しかし、GMOとくとくBBのWiMAXプランだと通信制限のない高速プランを提供しているため、通信制限なしでWiFiを利用することが可能です。

首都圏以外の地方でも十分に使える

一般的に首都圏の方が基地局も多いため通信が十分に機能します。しかし上場企業であるGMOのWiMAXプランは全国各地や離島などにも通信基地を完備しているため、地方でも十分にポケットWiFiを使うことができます。

とくとくBB WiMAXのお申し込みはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ