WiMAXの通信速度を上げる自作リフレクターの作成方法

WiMAXは利用する環境によって通信速度が大きく変わるという欠点を抱えています。

wimax-リフレクター

特に通信速度が上下しやすい環境は屋内です。

サービスエリア内でも場合によっては数百Kbps~1Mbps程度しか速度が出ないケースも珍しくありません。

これはwimaxの電波が中々届かないことに原因があります。

端末が電波を拾うことができず、アンテナが立たない、ネットに接続できないといった事態になることがあるのです。

接続が不安定なときは、何らかの方法で端末が電波を拾いやすいようにする必要が出てきます。

 

wimaxの電波を安定させる方法の一つがリフレクター(反射板)です。

リフレクターは電波を反射し、端末に届きやすいようにしてくれる道具になります。

実は簡単に自作することが可能で、利用環境によっては電波が劇的に改善する場合も少なくありません。

自作する場合、段ボールもしくは厚紙とアルミホイル、セロテープの3つを用意しましょう。

 

まず厚紙か段ボールを15~20cm四方の大きさにカットします。

端末がすっぽり収まるサイズがベストです。切った段ボールなどの真ん中に折り目を付け、片面にアルミホイルをセロテープで貼り付けます。

アルミホイルは光沢のある面を表にしましょう。これでリフレクターは完成です。

 

wimaxの端末を窓際などに置き、その後ろ側にリフレクターを設置します。室内で使う場合は試してみましょう。環境にもよりますが、電波が安定しネットに接続しやすくなります。

管理人イチオシのポケットWiFi・WiMAX

こんな悩みはありませんか?

  • WiFi・WiMAXのどれを選べば良いのかわからない
  • 一番コスパが良いのを選びたい
  • 地方でも使えるポケットWiFiが欲しい
  • 工事不要なWiFiを選びたい
  • 通信制限のないポケットWiFiが欲しい
  • 端末代金をかけたくない
  • PCスマホ両方で使えるポケットWiFiが欲しい
  • 有線で繋げるWiFiにしてPS4などに繋ぎたい

上記に一つでも当てはまるようでしたら「GMOとくとくBB」のWiFiを使うに限ります。

GMOのWiMAXなら圧倒的なコストパフォーマンスの高いWiFiを使う事が可能です。

  • 上場企業のGMOが提供
  • 大手企業だから高速通信可能なWiMAXを安価で提供
  • 端末代金約2万円が無料!
  • GMOの通常WiMAX通信なら無制限で通信が可能
  • 月額3,609円〜通信制限なしのプランを利用可能

一番コストパフォーマンスの高い「GMOとくとくBB」で全て解決します。

【公式サイト】GMOとくとくBB

コスパの良い『GMOとくとくBB』の3つの特徴

GMOとくとくBB


無線WiFi/WiMAXの中で圧倒的にコスパが良い

無線WiFi・WiMAXの中で格安かつ高品質なのが「GMOとくとくBB」のWiMAXです。

まずはじめにキャッシュバックが27,000円を確実にGETすることができる事。WiMAXの業界最大級のGMOだからできるキャッシュバックプラン。大手のキャッシュバックが10,000円程度の中、3倍近い27,000円のキャッシュバックを行っています。

次に端末代金約20,000円が無料な事。通常端末を購入すると安くても18,000円。高いと30,000円のWiMAX専用端末を購入しなければなりません。

しかしGMOはこの端末料金を無料でプレゼントしてくれるため、端末代が一切かかりません。

通信制限がない

GMOとくとくBBのWiMAXは通信制限がありません。

PCでYouTubeで動画をたくさん見たとしても、スマホでソーシャルゲームをたくさんプレイしても通信制限が一切かからないのが特徴です。

WiMAX2+という超高速プランの場合は7GBの通信制限があります。しかし、GMOとくとくBBのWiMAXプランだと通信制限のない高速プランを提供しているため、通信制限なしでWiFiを利用することが可能です。

首都圏以外の地方でも十分に使える

一般的に首都圏の方が基地局も多いため通信が十分に機能します。しかし上場企業であるGMOのWiMAXプランは全国各地や離島などにも通信基地を完備しているため、地方でも十分にポケットWiFiを使うことができます。

とくとくBB WiMAXのお申し込みはこちら

3 Responses to “WiMAXの通信速度を上げる自作リフレクターの作成方法”

  1. […] アルミ缶やアルミホイルなどを利用して、リフレクターを自作してみましょう。 […]

  2. […] リフレクターは簡単に自作できますから、少しの工夫である程度距離があってもスムーズに通信する事が可能です。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ