無線時とは大違い!ポケットwifiの接続は有線でも可能!!

ポケットwifiを有線接続するためには、クレードルが便利です。

クレードルというのは、一般的には充電器として利用されていると思います。

オプションで付けるか付けないかと言われた場合、付けることをおススメします。

というのも、クレードルには充電器以外の使い方があるからなのです。

 

それは、クレードルを使用することで、有線接続が可能になるということです。

クレードルには有線ランケーブルをつなぐ挿し込み口があります。

こちらに挿し込むことで、wifiを有線ラン化できるのです。

こうすることで、つながりにくい山間地域やマンションの高層部でも比較的つながりやすくなります。

スクリーンショット 2015-11-15 20.16.39


クレードルは別売りなので、無い場合は購入する必要があります。

ですが、別途で購入するとなると意外と高くつきますので、ポケットwifiの契約の際のオプションで付属するようにしておいた方がいいでしょう。

クレードル以外の方法としては、コンバータの利用があります。

スクリーンショット 2015-11-15 20.20.05

コンバータを利用しても有線ラン化は可能です。

有線ランは無線LANと違って、安定して高速の電波を得られるところに大きなメリットがあります。

そのため、通信が途中で切れたりする心配もほとんどないのです。

また、安定した電波を得られるので、ダウンロードやインストール中に中断することも少なくなります。

オンラインゲームなども快適に遊ぶことができます。

無線LANの性能が良くないと感じた場合は、有線化を検討してみると効果的です。

管理人イチオシのポケットWiFi・WiMAX

こんな悩みはありませんか?

  • WiFi・WiMAXのどれを選べば良いのかわからない
  • 一番コスパが良いのを選びたい
  • 地方でも使えるポケットWiFiが欲しい
  • 工事不要なWiFiを選びたい
  • 通信制限のないポケットWiFiが欲しい
  • 端末代金をかけたくない
  • PCスマホ両方で使えるポケットWiFiが欲しい
  • 有線で繋げるWiFiにしてPS4などに繋ぎたい

上記に一つでも当てはまるようでしたら「GMOとくとくBB」のWiFiを使うに限ります。

GMOのWiMAXなら圧倒的なコストパフォーマンスの高いWiFiを使う事が可能です。

  • 上場企業のGMOが提供
  • 大手企業だから高速通信可能なWiMAXを安価で提供
  • 端末代金約2万円が無料!
  • GMOの通常WiMAX通信なら無制限で通信が可能
  • 月額3,609円〜通信制限なしのプランを利用可能

一番コストパフォーマンスの高い「GMOとくとくBB」で全て解決します。

【公式サイト】GMOとくとくBB

コスパの良い『GMOとくとくBB』の3つの特徴

GMOとくとくBB


無線WiFi/WiMAXの中で圧倒的にコスパが良い

無線WiFi・WiMAXの中で格安かつ高品質なのが「GMOとくとくBB」のWiMAXです。

まずはじめにキャッシュバックが27,000円を確実にGETすることができる事。WiMAXの業界最大級のGMOだからできるキャッシュバックプラン。大手のキャッシュバックが10,000円程度の中、3倍近い27,000円のキャッシュバックを行っています。

次に端末代金約20,000円が無料な事。通常端末を購入すると安くても18,000円。高いと30,000円のWiMAX専用端末を購入しなければなりません。

しかしGMOはこの端末料金を無料でプレゼントしてくれるため、端末代が一切かかりません。

通信制限がない

GMOとくとくBBのWiMAXは通信制限がありません。

PCでYouTubeで動画をたくさん見たとしても、スマホでソーシャルゲームをたくさんプレイしても通信制限が一切かからないのが特徴です。

WiMAX2+という超高速プランの場合は7GBの通信制限があります。しかし、GMOとくとくBBのWiMAXプランだと通信制限のない高速プランを提供しているため、通信制限なしでWiFiを利用することが可能です。

首都圏以外の地方でも十分に使える

一般的に首都圏の方が基地局も多いため通信が十分に機能します。しかし上場企業であるGMOのWiMAXプランは全国各地や離島などにも通信基地を完備しているため、地方でも十分にポケットWiFiを使うことができます。

とくとくBB WiMAXのお申し込みはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ