ポケットWiFiの有効範囲と範囲を広げる方法を紹介!

ポケットwifiの通信範囲は、バッテリー駆動時でおよそ10m〜20mとなっています。

ポケットwifi	範囲

ACアダプタ接続時の場合は約100mです。ただしこれはあくまで障害物がない場合に限ります。屋内で使用する場合、仕様に記されている限界まで電波が届くことはまずありません。

理由としては、まず障害物の存在が挙げられます。壁や家具などによって電波が遮られて直進できず、減衰してしまう場合が多いのです。

他にも、多種の電波が干渉してwifi電波が弱まってしまうケースもよくあります。送電線のそばなどではそういった現象が顕著です。

 

どうしてもwifiの電波が届く範囲が狭すぎる、という悩みを抱えている場合に、解決の糸口となる手段があります。

中継機の設置です。wifi電波を中継してくれる機器を、ポケットwifiとデバイスの間におけば、通信範囲が広がります。中継機は市販されており、家電量販店などで購入可能です。

ただしどれでも使える訳ではないので、あらかじめメーカーや販売店スタッフに確認しましょう。

 

この他に、リフレクターの設置も効果的です。

ポケットwifiからは全方位に電波が発信されていますが、アルミ缶やアルミホイルなどで反射板を作り、ポケットwifiからデバイスまでの電波の道筋を制御することで、効率よく電波が利用され、結果として通信範囲が拡大できる場合があります。リフレクターは身近な素材で簡単に自作できるため、他の費用や手間のかかる手段を取る前に検討してみると良いでしょう。

管理人イチオシのポケットWiFi・WiMAX

こんな悩みはありませんか?

  • WiFi・WiMAXのどれを選べば良いのかわからない
  • 一番コスパが良いのを選びたい
  • 地方でも使えるポケットWiFiが欲しい
  • 工事不要なWiFiを選びたい
  • 通信制限のないポケットWiFiが欲しい
  • 端末代金をかけたくない
  • PCスマホ両方で使えるポケットWiFiが欲しい
  • 有線で繋げるWiFiにしてPS4などに繋ぎたい

上記に一つでも当てはまるようでしたら「GMOとくとくBB」のWiFiを使うに限ります。

GMOのWiMAXなら圧倒的なコストパフォーマンスの高いWiFiを使う事が可能です。

  • 上場企業のGMOが提供
  • 大手企業だから高速通信可能なWiMAXを安価で提供
  • 端末代金約2万円が無料!
  • GMOの通常WiMAX通信なら無制限で通信が可能
  • 月額3,609円〜通信制限なしのプランを利用可能

一番コストパフォーマンスの高い「GMOとくとくBB」で全て解決します。

【公式サイト】GMOとくとくBB

コスパの良い『GMOとくとくBB』の3つの特徴

GMOとくとくBB


無線WiFi/WiMAXの中で圧倒的にコスパが良い

無線WiFi・WiMAXの中で格安かつ高品質なのが「GMOとくとくBB」のWiMAXです。

まずはじめにキャッシュバックが27,000円を確実にGETすることができる事。WiMAXの業界最大級のGMOだからできるキャッシュバックプラン。大手のキャッシュバックが10,000円程度の中、3倍近い27,000円のキャッシュバックを行っています。

次に端末代金約20,000円が無料な事。通常端末を購入すると安くても18,000円。高いと30,000円のWiMAX専用端末を購入しなければなりません。

しかしGMOはこの端末料金を無料でプレゼントしてくれるため、端末代が一切かかりません。

通信制限がない

GMOとくとくBBのWiMAXは通信制限がありません。

PCでYouTubeで動画をたくさん見たとしても、スマホでソーシャルゲームをたくさんプレイしても通信制限が一切かからないのが特徴です。

WiMAX2+という超高速プランの場合は7GBの通信制限があります。しかし、GMOとくとくBBのWiMAXプランだと通信制限のない高速プランを提供しているため、通信制限なしでWiFiを利用することが可能です。

首都圏以外の地方でも十分に使える

一般的に首都圏の方が基地局も多いため通信が十分に機能します。しかし上場企業であるGMOのWiMAXプランは全国各地や離島などにも通信基地を完備しているため、地方でも十分にポケットWiFiを使うことができます。

とくとくBB WiMAXのお申し込みはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ