未成年でもポケットWiFiを契約する3ステップ!

ポケットWiFiは、他のモバイル機器と組み合わせる事でスマートフォンのような使い方もできるようになってきました。

ポケットwifi 契約 未成年

そのため、未成年者でポケットWiFiを持ちたいと思う人も増えています。

 

一般的にポケットWiFiを契約するためには、

  • 契約者の名前、生年月日、住所が確認できる書類(免許証や保険証など)
  • クレジットカードまたはキャッシュカード
  • 通帳と印鑑

といったものが必要になってきます。

 

日本国籍以外の方の場合は、外国人登録証明書または在留カードを提出します。

 

 

そして契約者本人が未成年の場合は、親権者の同意書と親権者の本人確認書類が必要です。

 

また親権者名義のクレジットカードやキャッシュカードを持っていくことで契約がスムーズにいきますので、持って行くといいでしょう。

口座振替書の記入の際に、通帳と印鑑が必要になる場合もありますので持っていくと安心です。

新規契約の際は、手数料と本体代金がかかりますので、無料と謳っていても手ぶらで行かないように注意してください。

 

購入しても2年以内に解約すると、違約金を払う必要があります。

そのため、用途と利用環境を確認したうえで購入することが重要です。

 

また未成年者の場合、有害なサイトの閲覧など通信内容にも配慮しなくてはいけません。

ポケットWiFiはキャリアが提供する回線を利用するためフィルタリングをかけられる場合もありますが、利用する端末自体にも機能制限をかけておきましょう。

管理人イチオシのポケットWiFi・WiMAX

こんな悩みはありませんか?

  • WiFi・WiMAXのどれを選べば良いのかわからない
  • 一番コスパが良いのを選びたい
  • 地方でも使えるポケットWiFiが欲しい
  • 工事不要なWiFiを選びたい
  • 通信制限のないポケットWiFiが欲しい
  • 端末代金をかけたくない
  • PCスマホ両方で使えるポケットWiFiが欲しい
  • 有線で繋げるWiFiにしてPS4などに繋ぎたい

上記に一つでも当てはまるようでしたら「GMOとくとくBB」のWiFiを使うに限ります。

GMOのWiMAXなら圧倒的なコストパフォーマンスの高いWiFiを使う事が可能です。

  • 上場企業のGMOが提供
  • 大手企業だから高速通信可能なWiMAXを安価で提供
  • 端末代金約2万円が無料!
  • GMOの通常WiMAX通信なら無制限で通信が可能
  • 月額3,609円〜通信制限なしのプランを利用可能

一番コストパフォーマンスの高い「GMOとくとくBB」で全て解決します。

【公式サイト】GMOとくとくBB

コスパの良い『GMOとくとくBB』の3つの特徴

GMOとくとくBB


無線WiFi/WiMAXの中で圧倒的にコスパが良い

無線WiFi・WiMAXの中で格安かつ高品質なのが「GMOとくとくBB」のWiMAXです。

まずはじめにキャッシュバックが27,000円を確実にGETすることができる事。WiMAXの業界最大級のGMOだからできるキャッシュバックプラン。大手のキャッシュバックが10,000円程度の中、3倍近い27,000円のキャッシュバックを行っています。

次に端末代金約20,000円が無料な事。通常端末を購入すると安くても18,000円。高いと30,000円のWiMAX専用端末を購入しなければなりません。

しかしGMOはこの端末料金を無料でプレゼントしてくれるため、端末代が一切かかりません。

通信制限がない

GMOとくとくBBのWiMAXは通信制限がありません。

PCでYouTubeで動画をたくさん見たとしても、スマホでソーシャルゲームをたくさんプレイしても通信制限が一切かからないのが特徴です。

WiMAX2+という超高速プランの場合は7GBの通信制限があります。しかし、GMOとくとくBBのWiMAXプランだと通信制限のない高速プランを提供しているため、通信制限なしでWiFiを利用することが可能です。

首都圏以外の地方でも十分に使える

一般的に首都圏の方が基地局も多いため通信が十分に機能します。しかし上場企業であるGMOのWiMAXプランは全国各地や離島などにも通信基地を完備しているため、地方でも十分にポケットWiFiを使うことができます。

とくとくBB WiMAXのお申し込みはこちら

2 Responses to “未成年でもポケットWiFiを契約する3ステップ!”

  1. 河田 桃果 より:

    私は養護施設に居たのですが18歳で就職も決まったので施設を出て生活しています。なので、親代わりの人が周りに居ないため親の同意書が書けません。親の同意書無しに買えるルーターは無いのですか?

    • wifi-hikaku より:

      ご質問ありがとうございます。
      親権者の同意書を提出できない場合は、保護者に当たる人、代理人などの同意書を提出する必要があります。
      また質問がありましたらLINE@にて相談受付中ですので、ぜひ友達追加をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ