WiMAX都心部に生活の拠点がある人にオススメしたい【感想】

以前学生会館(都内山手線内)に住んでいた頃は、ダイヤルインの固定電話で、インターネットへの接続回線もプロバイダのみ選べるという状況だったので、「So-net 光 with フレッツ」を使っていました。

wimax-mobile

O・Uさん(20代前半男性)

しかしレンタルでしたので端末のルーターの質が悪く、繋がらなくなることがしばしばあり、学生会館を出ることが決まる数ヶ月前に、「So-net モバイル WiMAX」へ変更しました。

 

引っ越し先がなかなか決まらなかったこともあり、WiMAXならば、引っ越し先の回線状況に関わらず、工事不要で入居した当日からインターネットに接続することができたことも変えた理由の一つです。

(蛇足ながら、固定回線からモバイル回線への変更でも、プロバイダの変更がなかったので、そのままプロバイダ提供のメールアドレスが使えたことも手間がかからずよかったです。)

 

わたしの場合、NEC製のルーター Aterm WM3500R(クレードル付)を購入。「モバイル WiMAX プランFlat 年間パスポート」コースを契約し、以来3年4ヶ月利用しています。一ヶ月当たり、モバイルコース200円(税抜)+WiMAX Flat年間パス 3,419円(税抜)の料金がかかっています。

 

(ちなみに固定電話は契約していません。現在住んでいる部屋の以前の住人もそうだったようで、まずNTTの電話回線を引くところから工事を始めなければならず、マンション全体がフレッツに対応したのも越してきて2年程経ってからだったので、本当にWiMAXでよかったと思います。工事に関しても、費用に関しても正解でした。)

 

 

すなわち税込ほぼ4000円前後ということで、それ以前に利用していたフレッツとかかっている金額は変わりません。

しかし、フレッツのルーターで固定回線に接続していたときの不安定さに比べ、WiMAXの接続は非常に安定していて、ルーターもこれまで一度も不具合なく利用できており、接続速度もほとんど変わらないように感じています。(余程学生会館の建物の条件が悪かったのかもしれませんが…。)

 

わたしの場合、住んでいる場所も外出する範囲も山手線の内側ばかりのため、自宅用の回線としてのほか、外出時にルーターを持ってタブレット端末やノートパソコンを使うこともありますが、接続にはまったく支障がありません。

ただ、週末に千葉県や茨城県の温泉(無線LANなし)に1泊2日で出かける際に持参したところ、郊外へ移動するにつれ、途切れ途切れになってしまいました。

 

この経験からインターネットへの接続回線をWiMAXだけにできるのは、安定した対応エリアに住居と行動範囲があるからこそだと感じました。

管理人イチオシのポケットWiFi・WiMAX

こんな悩みはありませんか?

  • WiFi・WiMAXのどれを選べば良いのかわからない
  • 一番コスパが良いのを選びたい
  • 地方でも使えるポケットWiFiが欲しい
  • 工事不要なWiFiを選びたい
  • 通信制限のないポケットWiFiが欲しい
  • 端末代金をかけたくない
  • PCスマホ両方で使えるポケットWiFiが欲しい
  • 有線で繋げるWiFiにしてPS4などに繋ぎたい

上記に一つでも当てはまるようでしたら「GMOとくとくBB」のWiFiを使うに限ります。

GMOのWiMAXなら圧倒的なコストパフォーマンスの高いWiFiを使う事が可能です。

  • 上場企業のGMOが提供
  • 大手企業だから高速通信可能なWiMAXを安価で提供
  • 端末代金約2万円が無料!
  • GMOの通常WiMAX通信なら無制限で通信が可能
  • 月額3,609円〜通信制限なしのプランを利用可能

一番コストパフォーマンスの高い「GMOとくとくBB」で全て解決します。

【公式サイト】GMOとくとくBB

コスパの良い『GMOとくとくBB』の3つの特徴

GMOとくとくBB


無線WiFi/WiMAXの中で圧倒的にコスパが良い

無線WiFi・WiMAXの中で格安かつ高品質なのが「GMOとくとくBB」のWiMAXです。

まずはじめにキャッシュバックが27,000円を確実にGETすることができる事。WiMAXの業界最大級のGMOだからできるキャッシュバックプラン。大手のキャッシュバックが10,000円程度の中、3倍近い27,000円のキャッシュバックを行っています。

次に端末代金約20,000円が無料な事。通常端末を購入すると安くても18,000円。高いと30,000円のWiMAX専用端末を購入しなければなりません。

しかしGMOはこの端末料金を無料でプレゼントしてくれるため、端末代が一切かかりません。

通信制限がない

GMOとくとくBBのWiMAXは通信制限がありません。

PCでYouTubeで動画をたくさん見たとしても、スマホでソーシャルゲームをたくさんプレイしても通信制限が一切かからないのが特徴です。

WiMAX2+という超高速プランの場合は7GBの通信制限があります。しかし、GMOとくとくBBのWiMAXプランだと通信制限のない高速プランを提供しているため、通信制限なしでWiFiを利用することが可能です。

首都圏以外の地方でも十分に使える

一般的に首都圏の方が基地局も多いため通信が十分に機能します。しかし上場企業であるGMOのWiMAXプランは全国各地や離島などにも通信基地を完備しているため、地方でも十分にポケットWiFiを使うことができます。

とくとくBB WiMAXのお申し込みはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ