WiMAXとは?

 WiMAXとは?

WiMAXとは?

3G通信4G通信LTE通信などのような無線通信規格の一つ。

IEEE (アイトリプルイー)802.16-2004規格、通称『WiMAX』という。

 

会社の種類

日本でWiMAXを提供している会社は1社のみで「UQWiMAX」社が国内のWiMAX事業を一手に引き受けている。携帯事業者でいうところの「NTT docomo」や「au」「softbank」などの位置づけとなります。

WiMAXを提供している「GMO」や「nifty」などはWiMAXの普及を推進するための事業者。携帯事業者でいうところの「販売代理店」なわけです。

 

周波数

WiMAXの周波数帯は「2.5GHz帯」を利用しています。

周波数帯の違いについては、下記URLに記載しています周波数の違いを参考にしてください。

周波数帯の特徴で選ぶ!ポケットWiFiやWiMAXの周波数による違い

 

WiMAXの種類

WiMAXには現在3種類の通信回線が存在しています。

『WiMAX』『WiMAX2』『WiMAX2+』これらの3つの回線のどれもがWiMAXとなっています。

WiMAX2においては、昔登場してWiMAX2+になっていますので、現在WiMAX2が利用できるサービスは存在しません。

 

それぞれのWiMAXの特徴と違いは、下記のページに記載しています。

WiMAX・WiMAX2・WiMAX2+の違いや特徴とおすすめを解説!

 

基本的に違いは通信速度が目を見張るように違います。

サービス名 通信速度(下り) 通信速度(上り)
WiMAX 最大40Mbps 最大10Mbps
WiMAX2+ 最大220Mbps 最大10Mbps

 

WiMAXは毎月の通信が無制限で使える!

スマホを持っている方ならわかるかと思いますが、スマートフォンには毎月の通信制限が存在します。

キャリアによってかわってきますが、基本的に2GB・5GB・7GBのいずれかかと思います。

 

スマホのテザリングを使うことでノートパソコンを利用することができるのですが、テザリングを利用してノートPCを利用するとすぐにこの通信制限になってしまいます。

 

しかしWiMAXであれば、この煩わしい通信制限ともおさらばすることが可能です。

WiMAXであれば毎月100GB使おうが料金は変わりません。どれだけ使っても一定の金額で済んでしまいます。

 

当サイトでも好評のWiMAX

当サイトでも好評のWiMAXがとくとくBBのWiMAXです。

wimax-とくとくBB

画像を見てもわかる通り『データ通信量月間上限なし』の文字が目に入ってくるかと思います。

毎月一定金額無制限のインターネットが利用できるのはWiMAXならではといえるでしょう。

 

また現在キャンペーンを行っていますので、36,000円のキャッシュバックを得ることができます。

加えて月額3,609円ですので2年間実際に利用したとすると『実質1,959円』で毎月WiMAXを利用することができます。

 

また通常は2万円程する端末代も無料なのはとくとくBBだからこそできるサービスだと言えるでしょう。

キャンペーンの期間は限られていますので、WiMAXの契約を考えている方は早めに契約したほうがお得でしょう。

WiMAX公式サイト

管理人イチオシのポケットWiFi・WiMAX

こんな悩みはありませんか?

  • WiFi・WiMAXのどれを選べば良いのかわからない
  • 一番コスパが良いのを選びたい
  • 地方でも使えるポケットWiFiが欲しい
  • 工事不要なWiFiを選びたい
  • 通信制限のないポケットWiFiが欲しい
  • 端末代金をかけたくない
  • PCスマホ両方で使えるポケットWiFiが欲しい
  • 有線で繋げるWiFiにしてPS4などに繋ぎたい

上記に一つでも当てはまるようでしたら「GMOとくとくBB」のWiFiを使うに限ります。

GMOのWiMAXなら圧倒的なコストパフォーマンスの高いWiFiを使う事が可能です。

  • 上場企業のGMOが提供
  • 大手企業だから高速通信可能なWiMAXを安価で提供
  • 端末代金約2万円が無料!
  • GMOの通常WiMAX通信なら無制限で通信が可能
  • 月額3,609円〜通信制限なしのプランを利用可能

一番コストパフォーマンスの高い「GMOとくとくBB」で全て解決します。

【公式サイト】GMOとくとくBB

コスパの良い『GMOとくとくBB』の3つの特徴

GMOとくとくBB


無線WiFi/WiMAXの中で圧倒的にコスパが良い

無線WiFi・WiMAXの中で格安かつ高品質なのが「GMOとくとくBB」のWiMAXです。

まずはじめにキャッシュバックが27,000円を確実にGETすることができる事。WiMAXの業界最大級のGMOだからできるキャッシュバックプラン。大手のキャッシュバックが10,000円程度の中、3倍近い27,000円のキャッシュバックを行っています。

次に端末代金約20,000円が無料な事。通常端末を購入すると安くても18,000円。高いと30,000円のWiMAX専用端末を購入しなければなりません。

しかしGMOはこの端末料金を無料でプレゼントしてくれるため、端末代が一切かかりません。

通信制限がない

GMOとくとくBBのWiMAXは通信制限がありません。

PCでYouTubeで動画をたくさん見たとしても、スマホでソーシャルゲームをたくさんプレイしても通信制限が一切かからないのが特徴です。

WiMAX2+という超高速プランの場合は7GBの通信制限があります。しかし、GMOとくとくBBのWiMAXプランだと通信制限のない高速プランを提供しているため、通信制限なしでWiFiを利用することが可能です。

首都圏以外の地方でも十分に使える

一般的に首都圏の方が基地局も多いため通信が十分に機能します。しかし上場企業であるGMOのWiMAXプランは全国各地や離島などにも通信基地を完備しているため、地方でも十分にポケットWiFiを使うことができます。

とくとくBB WiMAXのお申し込みはこちら

18 Responses to “WiMAXとは?”

  1. […] まずはじめにWiMAX(ワイマックス)とテザリングの違いを比較していきましょう。 […]

  2. […] WiMAX(ワイマックス)は人口カバー率が9割を超える高速モバイル通信サービスです。 […]

  3. […] WiMAX(ワイマックス)は最大で数十~百Mbps(wimax2+)超という、光回線並の速度でネットを楽しむことができます。メールチェックやサイトの閲覧、ビジネス用途であれば十分な速度です。 […]

  4. […] WiMAX(ワイマックス)を利用していると、突然回線速度が遅くなったり、ネットの接続が途切れてしまうことがあります。 […]

  5. […] WiMAX(ワイマックス)は運営元であるUQコミュニケーションズ以外にも、様々なプロバイダがサービスを提供しています。 […]

  6. […] WiMAX(ワイマックス)も同様に、実際に使ってみて電波が入らない、全然使えなかった場合にはクーリングオフの適用を考えるかもしれませんが、残念ながら対象外になっています。 […]

  7. […] wimaxはサービスエリア内であっても、使用する環境や状況によっては回線が遅くなることもあります。 […]

  8. […] WiMAX(ワイマックス)でインターネットを使っていると、突然接続が途切れたり圏外になってしまうことがあります。 […]

  9. […] WiMAX(ワイマックス)は周辺環境の影響を受けやすい点がネックです。 […]

  10. […] WiMAXは運営元のUQコミュニケーションズほか、様々なプロバイダがサービスを提供しています。 […]

  11. […] WiMAXでは複数の通信モードを切り替えながら利用することができます。基本的な通信モードはノーリミットモードとハイスピードモードの2つです。 […]

  12. […] WiMAX(ワイマックス)のノーリミットモードは月間データ通信量に上限がないため、帯域制限が存在しません。 […]

  13. […] WiMAX(ワイマックス)を利用できるサービスエリアは非常に広くなっています。 […]

  14. […] WiMAX(ワイマックス)では高速通信を可能にするため、高周波数帯の電波が使用されています。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ