LTEの種類と違いとは?

LTEは携帯会社各社によって名称が異なるサービスとして提供されています。

そのため私達消費者からするとわかりにくい形態となっているのも事実です。

そこで今回は現在あるLTEの種類と違いについて解説していきます。

LTEの種類と違いとは

LTE提供会社とそれぞれの違いとは

LTEは大手携帯会社の3社がそれぞれのLTEサービスを提供しています。

しかし会社によって通信速度が全く異なるため、同じLTEと言えど会社によって一長一短です。

それでは各会社のサービスごとの違いを見てみましょう。

会社 サービス 受信速度
NTT docomo Xi(クロッシィ) 112.2Mbps(フルLTEエリア内だと150Mbps)
ソフトバンク Softbank 4G LTE

Softbank 4G

112Mbps

110Mbps(キャリアアグリゲーション内では165Mbps)

au 4G LTE 75Mbps(キャリアアグリゲーション内では150Mbps)

基本的な違いはやはり受信速度だと言えるでしょう。

キャリアアグリゲーションとは簡単に説明すると、特殊なエリア内であれば、高速通信を行うことができるというものになります。

 

やはり地方の方ではkのキャリアアグリゲーションのエリアが限られてしまい、LTE環境といえど得をすることができません。

 

都会に住んでいる人は「Softbank 4G」のサービスがキャリアアグリゲーションの165Mbpsと受信速度が一番早いエリアを利用することができるので一番オススメです。

また地方に住んでいる方に関しては、Xi(クロッシィ)もしくはSoftbank 4G LTEのサービスを利用するのがおすすめだと言えるでしょう。

管理人イチオシのポケットWiFi・WiMAX

こんな悩みはありませんか?

  • WiFi・WiMAXのどれを選べば良いのかわからない
  • 一番コスパが良いのを選びたい
  • 地方でも使えるポケットWiFiが欲しい
  • 工事不要なWiFiを選びたい
  • 通信制限のないポケットWiFiが欲しい
  • 端末代金をかけたくない
  • PCスマホ両方で使えるポケットWiFiが欲しい
  • 有線で繋げるWiFiにしてPS4などに繋ぎたい

上記に一つでも当てはまるようでしたら「GMOとくとくBB」のWiFiを使うに限ります。

GMOのWiMAXなら圧倒的なコストパフォーマンスの高いWiFiを使う事が可能です。

  • 上場企業のGMOが提供
  • 大手企業だから高速通信可能なWiMAXを安価で提供
  • 端末代金約2万円が無料!
  • GMOの通常WiMAX通信なら無制限で通信が可能
  • 月額3,609円〜通信制限なしのプランを利用可能

一番コストパフォーマンスの高い「GMOとくとくBB」で全て解決します。

【公式サイト】GMOとくとくBB

コスパの良い『GMOとくとくBB』の3つの特徴

GMOとくとくBB


無線WiFi/WiMAXの中で圧倒的にコスパが良い

無線WiFi・WiMAXの中で格安かつ高品質なのが「GMOとくとくBB」のWiMAXです。

まずはじめにキャッシュバックが27,000円を確実にGETすることができる事。WiMAXの業界最大級のGMOだからできるキャッシュバックプラン。大手のキャッシュバックが10,000円程度の中、3倍近い27,000円のキャッシュバックを行っています。

次に端末代金約20,000円が無料な事。通常端末を購入すると安くても18,000円。高いと30,000円のWiMAX専用端末を購入しなければなりません。

しかしGMOはこの端末料金を無料でプレゼントしてくれるため、端末代が一切かかりません。

通信制限がない

GMOとくとくBBのWiMAXは通信制限がありません。

PCでYouTubeで動画をたくさん見たとしても、スマホでソーシャルゲームをたくさんプレイしても通信制限が一切かからないのが特徴です。

WiMAX2+という超高速プランの場合は7GBの通信制限があります。しかし、GMOとくとくBBのWiMAXプランだと通信制限のない高速プランを提供しているため、通信制限なしでWiFiを利用することが可能です。

首都圏以外の地方でも十分に使える

一般的に首都圏の方が基地局も多いため通信が十分に機能します。しかし上場企業であるGMOのWiMAXプランは全国各地や離島などにも通信基地を完備しているため、地方でも十分にポケットWiFiを使うことができます。

とくとくBB WiMAXのお申し込みはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ