周波数・周波数帯とは?

パソコンを使う女性

周波数とは?

学術的に説明すると「電気振動が1秒間に繰り返される回数」のこと。

※ヘルツ=1秒間という意味。

 

電波を発信・受信するものには、それぞれ周波数というものが存在する。

私達の身の回りであれば、電子レンジ・ラジオ・携帯・スマートフォンなど、多くの電子機器に周波数が用いられています。

 

WiFi・WiMAXにおける周波数の特徴は下記ページにて解説しています。

周波数帯の特徴で選ぶ!ポケットWiFiやWiMAXの周波数による違い

 

周波数帯とは?

周波数帯とは、周波数の単位をわかりやすく用語別で分けたものとなります。

周波数帯には以下のような種類があります。

frequency-band

引用元:電気興行株式会社

名前 周波数帯 主な利用法
 超長波(VLF)  30kHz以下  超長波アンテナ
 長波(LF)  30~300kHz  標準電波送信アンテナ(電波時計など)
 中波(MF)  300~3000kHz  AMラジオ(放送アンテナ)アマチュア無線船舶・航空機用ビーコン
 短波(HF)  3~30MHz 短波ラジオアマチュア無線船舶・航空機無線
 超短波(VHF)  30~300MHz  VHFテレビ放送アンテナ(アナログ)警察・消防無線防災行政無線
 極超短波(UHF)  300~3000MHz  地上デジタル放送アンテナ携帯電話基地局アンテナWiMAX基地局
 マイクロ波(SHF)  3~30GHz  衛星放送アンテナ衛星通信地上通信回線加入者無線
 ミリ波(EHF)  30GHz以上  レーダーアンテナ

データ通信が早いと送受信している際の周波数帯域が広いというように表現をしたりします。

 

ブロードバンド(Broadband)

インターネットで「ブロードバンド(Broadband)」という言葉を聞いたことはないでしょうか。

周波数帯の「帯」は「Band」というスペルであり、ブロードは幅広いという意味です。

つまり周波数帯が広い分、スピードの早い回線であることを表現している意味として使われていました。

 

プラチナバンド(PlatinumBand)

プラチナバンドというのは、希少性の周波数帯のことをプラチナバンドと呼んでいます。

なぜ希少性が高いのかというと、周波数帯が高くなるとデータの通信量は多く送受信することが可能です。

その分建物や山などの障害物に挟まれるとどうしても影響を受けてしまい、電波が弱くなってしまいます。

 

データの通信量を大きくしたまま、障害物が合っても通信速度が落ちない周波数帯の研究が進みまして、そこでプラチナバンドというものが登場しました。

プラチナバンドの特徴は基本的に電波は直線的に進むので、建物などの障害物があるとスピードが落ちてしまいます。

しかしその障害物を回りこんで電波を届けてくれるというのが、プラチナバンドです。

PlatinumBand

引用元:SoftBank

プラチナバンドの周波数帯は「700〜900MHz帯」となっています。

 

 

通信帯域にはそれぞれ特徴があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

WiMAX・ポケットWiFi・モバイルルーターも例外ではありません。

自分がWiMAXやWiFiを購入してどういったことをしたいのかを考えて、自分に合ったWiFi・WiMAXを選びましょう!

周波数帯の特徴で選ぶ!ポケットWiFiやWiMAXの周波数による違い

管理人イチオシのポケットWiFi・WiMAX

こんな悩みはありませんか?

  • WiFi・WiMAXのどれを選べば良いのかわからない
  • 一番コスパが良いのを選びたい
  • 地方でも使えるポケットWiFiが欲しい
  • 工事不要なWiFiを選びたい
  • 通信制限のないポケットWiFiが欲しい
  • 端末代金をかけたくない
  • PCスマホ両方で使えるポケットWiFiが欲しい
  • 有線で繋げるWiFiにしてPS4などに繋ぎたい

上記に一つでも当てはまるようでしたら「GMOとくとくBB」のWiFiを使うに限ります。

GMOのWiMAXなら圧倒的なコストパフォーマンスの高いWiFiを使う事が可能です。

  • 上場企業のGMOが提供
  • 大手企業だから高速通信可能なWiMAXを安価で提供
  • 端末代金約2万円が無料!
  • GMOの通常WiMAX通信なら無制限で通信が可能
  • 月額3,609円〜通信制限なしのプランを利用可能

一番コストパフォーマンスの高い「GMOとくとくBB」で全て解決します。

【公式サイト】GMOとくとくBB

コスパの良い『GMOとくとくBB』の3つの特徴

GMOとくとくBB


無線WiFi/WiMAXの中で圧倒的にコスパが良い

無線WiFi・WiMAXの中で格安かつ高品質なのが「GMOとくとくBB」のWiMAXです。

まずはじめにキャッシュバックが27,000円を確実にGETすることができる事。WiMAXの業界最大級のGMOだからできるキャッシュバックプラン。大手のキャッシュバックが10,000円程度の中、3倍近い27,000円のキャッシュバックを行っています。

次に端末代金約20,000円が無料な事。通常端末を購入すると安くても18,000円。高いと30,000円のWiMAX専用端末を購入しなければなりません。

しかしGMOはこの端末料金を無料でプレゼントしてくれるため、端末代が一切かかりません。

通信制限がない

GMOとくとくBBのWiMAXは通信制限がありません。

PCでYouTubeで動画をたくさん見たとしても、スマホでソーシャルゲームをたくさんプレイしても通信制限が一切かからないのが特徴です。

WiMAX2+という超高速プランの場合は7GBの通信制限があります。しかし、GMOとくとくBBのWiMAXプランだと通信制限のない高速プランを提供しているため、通信制限なしでWiFiを利用することが可能です。

首都圏以外の地方でも十分に使える

一般的に首都圏の方が基地局も多いため通信が十分に機能します。しかし上場企業であるGMOのWiMAXプランは全国各地や離島などにも通信基地を完備しているため、地方でも十分にポケットWiFiを使うことができます。

とくとくBB WiMAXのお申し込みはこちら

6 Responses to “周波数・周波数帯とは?”

  1. […] 周波数帯は通信事業者によって、割り当てられている周波数が違います。そのためキャリアを選ぶ際には周波数帯それぞれのメリット・デメリットを知って、注意してWiFiを選ばなければ […]

  2. […] 日本では通信事業者が数社ありますが、その会社それぞれに割り当てられている周波数帯というものが違います。 […]

  3. […] そのWiMAXを支える通信周波数帯が「2.5GHz帯」となっています。 […]

  4. […] 旧来では周波数帯を一つしか利用することができなかったが、キャリアアグリゲーションでは複数の周波数帯を同時に接続することのできる通信技術のことを指す。 […]

  5. […] 、通信をおこなっていますが、利用している周波数帯に深い関わりがあります。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ