周波数帯の特徴で選ぶ!ポケットWiFiやWiMAXの周波数による違い

ポケットWiFiとWiMAXでは、それぞれ使っている周波数帯が違います。

周波数帯それぞれに「電波」や「対応エリア」などのメリット・デメリットが存在しています。

自分に一番合ったポケットWiFiWiMAXを探すためにはどの周波数帯がいいのでしょうか。

今回は周波数帯の特徴とメリット・デメリットを紹介して、特徴に合ったおすすめのWiFi・WiMAXを紹介していきます。

周波数帯-wifi-wimax

周波数帯の特徴

周波数帯は通信事業者によって、割り当てられている周波数が違います。そのためキャリアを選ぶ際には周波数帯それぞれのメリット・デメリットを知って、注意してWiFiを選ばなければなりません。

これらの周波数帯が高いか低いかによって、メリット・デメリットがそれぞれ違ってきます。

周波数が高い

  • メリット
    • 大容量通信が可能
    • 通信スピードが早い
    • 通信制限がない
  • デメリット
    • 建物や地下などの遮蔽物に弱い
    • 田舎は電波がないことがある
  • 高いと呼ばれる周波数帯
    • 2.5GHz

周波数帯が高いというのは『光』だと思うとイメージしやすいです。

 

光はこの世界で一番スピードの早いモノとして存在しています。

しかし光は建物の中や地下には届きにくいようになっていますよね?

 

周波数帯にも同じことが言えます。

高い周波数帯はスピードが早く動画などの通信量の多い場合でも問題ないのですが、影ができる建物の中や地下には弱い性質をもっています。

WiMAXを窓際に置いておくのがいいと言われるのはこのためです。

 

2.5GHzの周波数帯を提供しているキャリアはUQWiMAXのみとなっています。

そのUQWiMAXが提供しているWiMAX一番周波数帯が高いWiFiとして利用されています。

 

もしあなたが地下に住んでいたり、日光の届かない部屋、離島、超ド田舎に住んでいるのであればWiMAXはおすすめしません。

ちゃんと日光が入ってきたり、地下に住んでいない。使いたい場所が地下鉄以外なのであればWiMAXを契約するメリットは十分にあります。

周波数の高いオススメWiMAXはコチラ!

周波数が低い

  • メリット
    • 繋がりやすい
    • 田舎でも電波がある
  • デメリット
    • 大容量通信に向かない
    • 通信制限があるものが多い
    • 通信速度が早くない
  • 低いと呼ばれる周波数帯
    • 1.7GHz

周波数が低いというのをカンタンにイメージしやすくするとすると『音』として考えるとイメージしやすいです。

 

音は壁越しでも聞こえたり、いろんな場所で反響したりします。

それと周波数帯が低いは完全に一緒と言っていいほど特性が似ています。

 

周波数帯が低いと光の入らない建物や、地下鉄でも十分に利用することができます。

大容量通信には向かないと書いていますが、ノートパソコンを使用する分には問題なく使用することができます。

周波数帯の低い『キャンペーン中で制限なし』のおすすめポケットWiFi・モバイルルーターはコチラ!

キャリアが所持している周波数帯の比較表

日本国内の主要通信事業者は5社あります。

NTT docomo」「au by KDDI」「SoftBank」「UQWiMAX」「Y!MOBILE(旧EMOBILE)」

これらのキャリアが所持している通信周波数帯のが下記となります。

 ntt docomo  au by kddi  softbank  uqwimax ymobile-emobile
700MHz(予定)

800MHz

1.5GHz

1.7GHz

1.9GHz

2.1GHz

700MHz(予定)

800MHz

1.9GHz

2.1GHz

900MHz

1.5GHz

2.0GHz

2.5GHz  1.7GHz

現状UQWiMAXが所持している2.5GHzが一番容量の多い通信などが行える状態です。

またポケットWiFiやWiMAXが基本的に提供している周波数帯は「2.5GHz」と「1.7GHz」が基本となっています。

周波数の高さでWiMAXを選ぶならコレ!

周波数の高さでWiMAXを選ぶのであれば2.5GHzの『PEPABO WiMAX(ペパボワイマックス)』が一番オススメです。

周波数の高さで選ぶのであれば、このペパボWiMAXが圧倒的にオススメです。

 

理論値(最適な条件が整った場合)ではありますが、上り最大220Mbpsのスピードが出るのは他のサービスと比較しても圧倒的に早さが違います。

家のインターネット環境もこの一台で十分に賄うことができます。


 

周波数の低さでポケットWiFi・モバイルルーターを選ぶならコレ!

周波数の低さで選ぶのであれば、1.7GHz帯の『U-mobile』がオススメ!

大容量通信より、つながりやすさを選択するのであれば、こちらのU-mobileWiFiが最適だと言えます。

圧倒的な基地局数が様々な場所でのインターネット通信をサポートしてくれます。

地下鉄でも繋がるポケットWiFiを契約するならコチラです!

 

いかがでしたでしょうか。

周波数にも種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

自分がポケットWiFi・WiMAXを購入して一番やりたいことは何でしょうか?

この質問に一番合ったポケットWiFi、もしくはWiMAXを契約してくださいね。

管理人イチオシのポケットWiFi・WiMAX

こんな悩みはありませんか?

  • WiFi・WiMAXのどれを選べば良いのかわからない
  • 一番コスパが良いのを選びたい
  • 地方でも使えるポケットWiFiが欲しい
  • 工事不要なWiFiを選びたい
  • 通信制限のないポケットWiFiが欲しい
  • 端末代金をかけたくない
  • PCスマホ両方で使えるポケットWiFiが欲しい
  • 有線で繋げるWiFiにしてPS4などに繋ぎたい

上記に一つでも当てはまるようでしたら「GMOとくとくBB」のWiFiを使うに限ります。

GMOのWiMAXなら圧倒的なコストパフォーマンスの高いWiFiを使う事が可能です。

  • 上場企業のGMOが提供
  • 大手企業だから高速通信可能なWiMAXを安価で提供
  • 端末代金約2万円が無料!
  • GMOの通常WiMAX通信なら無制限で通信が可能
  • 月額3,609円〜通信制限なしのプランを利用可能

一番コストパフォーマンスの高い「GMOとくとくBB」で全て解決します。

【公式サイト】GMOとくとくBB

コスパの良い『GMOとくとくBB』の3つの特徴

GMOとくとくBB


無線WiFi/WiMAXの中で圧倒的にコスパが良い

無線WiFi・WiMAXの中で格安かつ高品質なのが「GMOとくとくBB」のWiMAXです。

まずはじめにキャッシュバックが27,000円を確実にGETすることができる事。WiMAXの業界最大級のGMOだからできるキャッシュバックプラン。大手のキャッシュバックが10,000円程度の中、3倍近い27,000円のキャッシュバックを行っています。

次に端末代金約20,000円が無料な事。通常端末を購入すると安くても18,000円。高いと30,000円のWiMAX専用端末を購入しなければなりません。

しかしGMOはこの端末料金を無料でプレゼントしてくれるため、端末代が一切かかりません。

通信制限がない

GMOとくとくBBのWiMAXは通信制限がありません。

PCでYouTubeで動画をたくさん見たとしても、スマホでソーシャルゲームをたくさんプレイしても通信制限が一切かからないのが特徴です。

WiMAX2+という超高速プランの場合は7GBの通信制限があります。しかし、GMOとくとくBBのWiMAXプランだと通信制限のない高速プランを提供しているため、通信制限なしでWiFiを利用することが可能です。

首都圏以外の地方でも十分に使える

一般的に首都圏の方が基地局も多いため通信が十分に機能します。しかし上場企業であるGMOのWiMAXプランは全国各地や離島などにも通信基地を完備しているため、地方でも十分にポケットWiFiを使うことができます。

とくとくBB WiMAXのお申し込みはこちら

One Response to “周波数帯の特徴で選ぶ!ポケットWiFiやWiMAXの周波数による違い”

  1. […] 周波数帯の特徴で選ぶ!ポケットWiFiやWiMAXの周波数による違い […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ